ピアス穴あけは病院が安心

ピアスを数カ月入れなくても耳の穴が塞がることもありません

しかし、病院であけるのとは違い、自分であけるのは相当な勇気がいりました。
ある程度痛みがあることは覚悟していましたが、少しでも和らいだらいいなという思いから、事前に氷で耳を冷やしてみました。
ピアッサーを押した瞬間の痛みは少し和らいだ気がしましたが、結局あとからジンジンする痛みは同じでした。
この時は1個だけあけたかったので、一回の我慢で終了でした。
私は自分のタイミングで痛みがくる方が精神的にきつく感じたので、自分でできるのは一回が限界かなと思いました。
私のように自分で行う勇気がでないけどピアスをあけたいという人は、行ってしまえばもう後戻りできないという病院などで行う方がいいのではないかと思います。
穴をあけてからの数年はピアスを常時入れていないと、穴が塞がってしまったり、穴が狭くなってしまうという不安がありましたが、十数年経った今では、ピアスを数カ月入れなくても耳の穴が塞がることもありません。
ピアスはつけたいときにつけて、邪魔な時には外しておくという感じで気楽に楽しんでいます。

初めてピアスをしたのは高校3年生痛みを我慢して両耳無事終了ピアスを数カ月入れなくても耳の穴が塞がることもありません